fc2ブログ
鴨川ジプシーセッション/京都バルカン音楽同好会
鴨川ジプシーセッション主宰のお知らせページです
プロフィール

榊間 淳一

Author:榊間 淳一

鴨川ジプシーセッション/京都バルカン音楽同好会 主宰のブログへようこそ!
HPで関連ライブ情報もチェック!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



1/28 AM 京都バルカン音楽同好会 vol.11
京都バルカン音楽同好会 vol.11

R060128.png


東欧やバルカンの音楽を演奏する、初心者・中級者向け企画です! 
昨年から始めた企画で、今年は外部に向けた発表の場を設定しようと構想しています。 今回から参加の方も大歓迎です。
今回はマケドニアの12拍子の曲「Tri godini stana トリ・ゴディニ・スタナ」に挑戦します。リズムに乗れたら陶酔しますがのれなければ見事に沈没します。。もちろん、全く初めてでの方でもできるよう、冒頭まずリズムを把握するところから始めます。今回も、講師の田村さんに演奏しやすいキーの音源を作成していただきました! この同好会のための音源! これだけでも聞く価値あります。

今回は京町家の会場のため、タパン(大音量の大太鼓)の利用は禁止といたします。その他の打楽器は、爆音で叩かない限り問題ありません。金管楽器も、少し控えめな音量であれば問題ありません。木管楽器であれば問題無いと思います。

また、午後からの鴨川セッション(参加費1500円)と同時申し込みの方は、セット割で2500円でご参加いただけます。

東欧の音楽にはあまり馴染みの無いジャズ・ポップス系ミュージシャンの方、又フォークダンスをやっていて、楽器は買ったけど結局演奏していない方、ぼんやりと興味がある方(笑)、とにかく皆様お越しください。譜面を用意し、できるようになるまで繰り返します。リアル会場に来れない方は、アーカイブ動画の視聴も可能です。

この集まりでは、単に音をなぞるだけではなく、文化的側面も交えて現地の文化をリスペクトしつつ学ぶことを目指します。現地ではダンスと音楽が密接に結びついていますので、踊りの観点からも音楽について学びます。講師と参加者との関係はフラットで、共に学ぶという同好会です。

◇日時◇
2024/01/28(SUN) 10:30~12:30

◇会場◇
京町家ひより https://kyomachiya-hiyori.com/
 三条通猪熊西入ル(三条会商店街堀川通りより2筋目)
(市営地下鉄 東西線「二条城前駅」下車、徒歩8分、阪急「大宮駅」下車、徒歩10分)
※駐車場はありません。駐輪は可能です。


◇内容と参考音源◇
ハンガリーからトルコにかけての東欧・バルカン地方の音楽を1~2曲選定し、その曲(メロディ・コード・リズム)をみんなで演奏します。参加者には楽譜をお渡しします。今回の課題曲は下記です。

■Tri godini stana トリ・ゴディニ・スタナ(key=B♭ヒジャース)
https://drive.google.com/file/d/1GjT_XXBP0CKtw3bD8Gw6dxa5jGqCy9Bu/view?usp=sharing

■参考音源(キーは異なります)
https://www.youtube.com/watch?v=vffdzFlYQrY


◇会費◇
リアル会場:1,200円 ※午後からの鴨川ジプシーセッション(参加費1500円)も合わせて申込の方は、総額から200円引き、全部で2500円でご参加いただきます。申込時にお支払ください。リアル会場でもPaypayでも大丈夫です。
アーカイブ動画視聴:1,000円をPaypay、又は振込でお支払ください。実施後にリンクと資料データをお送りいたします。
※プロ奏者への謝金という概念は無いのですが、事務経費、交通費、搬入車駐車場代その他主宰側のモチベーション維持(汗)のため、会費をいただいております。ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。



◇予約・問い合わせ◇
主宰の榊間(さかきま)・田村までメッセンジャーかメール(sakakinoma@yahoo.co.jp)までお名前、連絡先、参加人数をご連絡下さい。急な参加でもOKです。申込無しでも参加できますが、楽譜等が足らない場合がありますので、可能な範囲でご予約お願いいたします。

◇その他◇
今後の宣伝のため、開催後のSNSへ投稿する予定です。また、写真を今後の告知で使用させていただく場合があります。ただし、参加者のプライバシーが最優先です。タグ付や写真に写られたくない方は、申込時にお伝えいただくようお願い申し上げます。特に何も申し出が無い場合は、これら条件を許諾いただいたとみなします。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sakakinoma.blog.fc2.com/tb.php/245-44b0fbbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)