旅と食はスタンプラリー
旅するギタリストのブログです
プロフィール

榊間 淳一

Author:榊間 淳一

旅するギタリストのブログへようこそ!
HPでライブ情報もチェック!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



清内路groove2015で思ったこと




「諸事情によりgrooveは今年で最後となります」

ん!? 最後!!??

いつものように週末清内人主宰のハルさんの書き込みを楽しく見ていると、素通りできない文章に遭遇した。
ここ数年、去りゆくブルトレを追ってきた身としては、清内路grooveの最終回は絶対行くべきであると判断し、2年ぶりの参加表明をした。





清内路に行くからには愛車の青空号で行きたい。
何とか相乗り者(というか一家)をみつけたので、黄色い青空号で行くことができた。
清内路を知ることができたのも、この一家のおかげだった。最終回にその一家と行くことができたのは大変意味のあることのように思う。


2009年に初参加し、今年で5回目だった。いつも何かギターで出演していたので、楽しむ時間が少なかった。今回は、イワナの塩焼きをはじめ、豚汁、猪肉カツ、ポテト、トマト、お揚げ、そばいなり、おにぎり…ととにかく食べまくった。長田屋さんのおにぎりが絶品だった。


moblog_da792fd1_20150905103726c0e.jpg

最終回とあって、参加者は過去最大となった。
DJ、音好き、フェス好き、NICE関係、その関係の外国人、そして村民含め60名以上が集まった。






「私はここにいないことになっています。タグ付けはやめてください」
一大イベントの主催者という役回りにも関わらず、あくまでもひょうひょうとした語り口に、輪になった参加者からは笑みがこぼれた。
僕は今まで人生で、心から尊敬する人が5人いるが、ハルさんはそのうちの1人だ。
大手企業に勤めつつ、家族を巻き込み趣味もしっかりとやる姿勢、現実と理想のバランス加減が絶妙で、それでいて肩の力が抜けている感じが素晴らしいと思う。
人に色々任せて大きいことをやっている姿勢に、僕もそういうスタンスでやりたいと思った。


moblog_fbf89dd3_20150905103729287.jpg

ある友人から、いつもfbでの僕の記事が羨ましいと言われた。彼は実家に戻って仕事が面白くないらしい。
自分自身がかつてそうだったので、閉塞感はいたいほど分かる。
しかし思うに解決策は苦しみの中ではなく、楽しさの中に存在しているのではないかと考えた。

彼と音楽の話もした。
彼もDJとしてイベントオーガナイズしており、僕もセッションを主催している。
「榊間くんは、オーガナイズがしたいんやないかな」
その言葉がたいへんしっくりきた夜だった。





「あのー、電車が大好きで、彼女さんはダンサーさんの方ですか…?」
毎年恒例の囲炉裏端セッションをしていると、ある女性から声をかけられた。僕は面識がないので、理由をきいてみたところ、2年前に、今後の人生をどう生きるか悩んでいたとき、酔っぱらいながら上記一家の奥様に相談していたのを横で聞いていた方らしい。
2年前にも関わらず、僕があまりにも悩んで曝け出していたため、覚えていたそうだ。
京都に来たこと、転職、現状を報告した。
「良かったですね」
ニコッと笑って言われた一言が印象的だった。





残念ながら雨がちのgrooveだったが、色々な人と接し、感じることが多かった。
大桜の家は使えなくなってしまうが、形を変えてgroove、そして週末清内人の活動が続いてってほしいと思った。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sakakinoma.blog.fc2.com/tb.php/117-6c3df47b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)