旅と食はスタンプラリー
旅するギタリストのブログです
プロフィール

榊間 淳一

Author:榊間 淳一

旅するギタリストのブログへようこそ!
HPでライブ情報もチェック!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京亭と六道まいり

昨日六道さんに行こうとしたところ、何と偶然盆な友人と遭遇してしまい、食な友人の店で一杯やってしまったため、今日こそはリベンジすることにしました。

祖母のお墓まいりを済ませ、再び五条通りへ。
空きっ腹を抱えて北京亭に行きました。



シンプルながらソソられる店構え。
店内も古いながら清潔な印象がありました。
何をたのんでいいか分からなかったので、ラーメンとチャーハンを注文しました。
チャーハンをひとくち、うーん、実にうまい。正しい日本の中華料理の味がします。ラーメンも、シンプルで落ち着く味でした。

こなれたところでいざお参りへ。
六波羅蜜寺まで行ってると時間が無くなりそうだったので、六道珍皇寺に直行しました。

終了間際でしたが、結構屋台が出てました。
昨日教えてもらった出雲の宿へのカシオライズとして、幽霊子育飴を10年ぶりくらいに買いました。

用途の分からない高野槙の屋台を抜けて境内に入ると、そこはお盆ワンダーランドでした。





閻魔大王と小野篁の像や、井戸、たくさんのお地蔵さんが並ぶ感じが、とても印象的でした。





とりあえず、御朱印をいただきました。
閻魔大王の前でのお坊さんの説明を盗み聞きし、どうやらお札に先祖の戒名を書いてもらい、迎え鐘をつき、そしてお札を高野槙で浄めるというシステムであることがわかりました。

moblog_c4638d7a_20150905104757e24.jpg

祖母の戒名を書き、ひとしきりその手順に則りまわりました。

初めて来るとこはシステムがわからんなあ。でも次は誰かと来よう。
そんなことを考えつつ、明日も仕事なので家路に着きました。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sakakinoma.blog.fc2.com/tb.php/109-f3d5a312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。