旅と食はスタンプラリー
旅するギタリストのブログです
プロフィール

榊間 淳一

Author:榊間 淳一

旅するギタリストのブログへようこそ!
HPでライブ情報もチェック!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



5/27 鴨川ジプシーセッション ~サモアのかわりに鴨川~
H290527_head.png



鴨川ジプシーセッション ~サモアのかわりに鴨川~

 6月は、ジャンゴゆかりの地・フランス パリ近郊のサモアでジャンゴラインハルトフェスティバルが開かれます。
 さすがにフランスは行けない! という方は鴨川にお越しください。
 初夏の河原でギターを弾けば、鴨川がセーヌ川に♪
 
 初心者の方も歓迎! むしろ初心者向けのジャムセッションです。
 見学の方、セッションて何?という方もお越し下さい。
 学生の方も来やすいよう、学割を設定してあります。

 アコーディオン、ヴァイオリン、クラリネット、他ジャンルの楽器の方も大大歓迎!
 ダンサーの方もぜひぜひ踊りに来て下さい!!

 雨でも室内で開催します!

 ◇日時 5/27(SAT)14:00~17:30
     ※今回は土曜日の開催です!
 ◇会場 鴨川・出町デルタ西岸 葵橋~賀茂大橋 間
     ※雨天時はナミイタアレ・DBCとなります。
      当日会場確定段階でFB及びブログにお知らせします。
 ◇内容 ジプシースウィング・トラッド曲のジャムセッション、ダンス即興
     ジプシースウィングを全く知らない方は、冒頭に簡単な解説をいたします。
     また、他のジャンルの曲でもその場で可能な限りアレンジし、
     全員が楽しく参加できるように主宰が“交通整理”します。
     やりたい曲がある方は、当日楽譜を持参してください。
 ◇会費 一般/1,500円・学割/1,200円(ソフトドリンク・お菓子付き)
     ※アルコールは各自お持ち寄り下さい。
      イス・テーブルの用意や雨天会場の確保、荷物の運搬や運搬車の駐車場代を要するため、
      会費をいただいています。
 ◇定員 15名
 ◇参加方法 FBメッセンジャー もしくは
       メール(sakakinoma ☆ yahoo.co.jp)←☆を@に変えて下さい
       にお名前、連絡先、参加人数、パート(楽器・ダンス・見学など)
       をメールして下さい。

       FBイベントページの参加クリックでは申し込みは成立しません。
       参加の際は必ずメールかメッセージをよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
4/2 鴨川ジプシーセッション ~春はお花見セッション2017~ 開催報告
少し日数が経過してしまいましたが、レポートです。

【4日前】
なぜ、1日開催のイベントなのに3日間に分けて記載しているかというと、下見をしているからです。それも2回(笑)
その様子からお届けします。


2月に2017年の桜開花予想が出ました。 京都は3/28。
それを待ってイベント露出を始めたのですが、3月後半が大変寒かった…
3月は毎日「京都 桜 開花予想 2017」と検索していました(笑)
1週間毎に開花予想がずれていきました。

果たして当日に桜が咲いているのか。“枝見”は避けたい!
不安だったので仕事の合間に会場付近を下見しに行くことにしました。

既に出町柳周辺で開催としており、雨天会場からの移動も考えると、場所を移すとしたら北は出雲路橋から南は荒神橋くらいになります。

そこで、荒神橋から歩くことにしました。



荒神橋近辺に行ってみると思っていたよりもつぼみは膨らんでいましたが、お花見をする感じではありませんでした。やはり左岸の方がまだましなようでした。

デルタもまだまだという様子でした。


いざという時のために、できそうな場所を徹底的にリサーチしました。

叡電改札南側の禅寺の桜は早咲きのため、そこだけ満開でした。
さすがに門前では花見はできないなあと思いながらも近づいてみました。
人が群がっており、“勝手前撮り”をする中国人カップルがいました。

いつもよくセッションする地点も、右岸にしては開花していましたが、やはり花見にはさみしい感じでした。

諦めかけていると、賀茂大橋南側に2本だけ早咲きの桜が満開となっていました。
それも、丁度広い空間と作り付けのベンチの前です。

「ここでやるしかない!」
そう思って帰りました。



【前日】
引き続き前日も動きます(笑)

昨年、晴れか雨か微妙と思いながら開始2時間前に河原に行ってみると、既にブルーシートが敷き詰められていて、とてもイスを並べる余裕がありませんでした。
なので、これは前日から場所取りをするしかないと思いました。

今回用意したソフトドリンクのうち、飲用水は伏見の湧水でした。
場所取りの前に汲みに行きました。
伏見は湧水の地として知られていますが、その中でもお気に入りの金運清水を汲みに行きました。

土曜の昼間花見客が退散する16~17時を狙って行きました。
3日前に確認した木の前は、やはり花見をしていた人がいました。
遠くからよく見ると、撤収中のようでした。
これは、他の人にとられたらマズイと思ってすぐに車を停めて現地に走りました。

ブルーシートと重しを抱えて現場につきました。
しばらくは片付けの様子を眺めていましたが、
横から誰か入ったらマズいと思いました。
恥ずかしかったですが「ここ、次場所取りしてもいいですか?」と声掛けをしました。

学生と思しき彼らは「どうぞ」と言いました。
たかが場所取りに真剣な表情に驚いた様子でした(笑)

家から持参した家庭用シートを敷いてみると、やはり心もとない…

不安だったので、近所で夕食をとって、約1時間後に再び現地に行きました。
外国人と思しき人たちが暗い中、夜桜の下で花見をしていました。
「セキトリですか?」と訊かれたので、その旨を伝えました。
「ワカリマシタ。来たら追い払います」と言ってくれました。



【当日】
やった! 晴れました!
開催の3時間前に家を出発! 蹴上の桜もつぼみでしたが、観光客を多く見かけました。

シート剥がされていたらどうしようという不安を解消するために、まず昨日の地点へ。
何とかそのままでした。スタッフの近藤夫妻と私は10:30集合で、イスを運びました。
近藤夫妻には最終まで本当に色々手伝ってもらいました。本当に助かりました。

11:30過ぎ、手にいっぱいの食材を抱えたフード担当・ケる子さん到着。
オープンサンドを中心に、イメージぴったりのお花見オードブルを用意してくれました。

来たそばからセッション!!

早めに来た参加者にドリンク類を並べてもらいました。
当初15名定員を、イス調整して18名とし、イス不要許諾ありで最終申し込み25…。

とりあえず、前夜までに意思表示してもらった人が揃った段階でカンパイしました。

食事の後は、一応初心者向けコーナーその1。
セッションの回し方について教えました。

今回は、ギター5人、フィドル7(!)名、ベース1名、チェロ1名、パーカス1名、鍵ハモ1名、ダンス10名、見学4名くらい …というか色んな人が乱入して主催者も把握していません。

今回は、遠方(愛知県)から3名が参加。
特にBassの斎藤くんはサウンドの要でした。

また、KVK(京大民族舞踊研究会)関係も多く参加し、
ほーりーに色んな曲でのダンスを指示しました。

普通のジプシースウィングに加えて無理やり東欧系やったり、ケルト系をジプシースウィングに解釈してみたり、スウィングダンス風のものを踊ってもらったりとすばらしくカオス。絶対他では味わえない空気になりました。

17671229_969672356506454_465321637_n.jpg

普段は純粋なマヌーシュスウィングしかされない方に「楽しいなあ」と言ってもらえたのが良かったです

17671233_969633759843647_1944649369_n.jpg


写真撮影は二宮さん。今回もありがとうございます。

少し遅れてMizuyoちゃん登場。
Daphneをモチーフに初心者向けワークショップその2。
特に短い小節でソロを回し、目線を投げかけた人が次を弾くという「ランダム4ヴァース」がめっちゃ楽しかったです。

それにしてもフィドル7名というのがすごい。
ジプシーという言葉に反応してやってきたと思うと、感動すら覚えます。

「おいしい食事と、お酒と、最高の音楽と...そして、"踊り" のある空間ヽ(´▽`)/...以前からそう唱えてきましたが、まさに、そんな全てが揃う場に遭遇し(≧∇≦*)
...いやはや!! テンションあがりまくりでした(≧∇≦*)!!」
Gumiさんをしてこの世の楽園と言わしめました(笑)
(GumiさんFB投稿より引用)

ジプシーキャラバンとかこんな感じではなかったんだろうかと思いました…。
そして、15年前に初めてみた出前ちんどんのサークル風景とか、こんな感じのカオスっぷりでした。

FB上のイベントページを見て来てくれたり、初対面にも関わらず申し込みしたり、
近所で花見をやっていたら面白そうだから参加した人がいて、途中から受付の機能が停止(笑)
私の脳内もカオスとなってしまいました。

でも後からメッセージくれる人がいてうれしかったです。


イベントが知れ渡ってきたことを実感したお花見セッションとなりました。


そして京都は5/27に鴨川セッションの予定です。

また、関西では秋にジプシー合宿があるかも!?
詳細は近日公開!!


2017年は、西日本のジャムセッションがアツイ!!!


5/4 高槻JAZZ STREET 2017 出演します!
19th 高槻 Jazz Street @JK 高槻

5/4(THU)【高槻】 
◆高槻JAZZ STREET 2017 ~Tu Djaial~
 ◇「君は僕の所を去ってゆくよ だけど損をするのは君だよ」
  ジプシーの唄『Tu djaial』の歌詞にはそんな意味があります。

  今回、高槻ジャズに一日限りの特別ジプシーバンド「Tu Djaial」で参戦!
  勿論ボーカルは、ジプシーの歌姫・ひきばきょうこ。
  関西発、ヨーロッパへのジプシーの旅が始まります。

  特別ゲストに、東欧ダンス系アコーディオニストが来るかも!?

  関西では滅多に見られない混血系ジプシーライブ!
  お楽しみに!!

 ※例年、満員となる人気会場です。お席の予約はできません。
  開演時間より前にお越しになることをお勧めします。

 ★Tu Djaial
  ひきばきょうこ(ヴォーカル)
  榊間淳一(ギター)
  Gumi(フィドル)
 【特別ゲスト】(予定)
  青木孝明〔キャオ教授〕(アコーディオン)

 ◇5/4(THU) 15:00~15:45
 ◇JK高槻(高槻市高槻町10−15 エクセレント富士 2F)
  阪急京都本線 高槻市駅 徒歩3分
  JR東海道本線 高槻駅 徒歩5分
 ◇ノーチャージ♪(カンパ制)
 ◇高槻ジャズストリート2017
 ◇FBイベントページ

【5/1 追記】
特別ゲストとして予定しておりました東欧ダンス系アコーディオ二ストが都合により出演が不可となりました。
そのかわり、東欧系ダンサーが出演します!!
日本で、東欧の男性舞踊を生演奏で見れる機会はまたとありません!
お見逃しなく〜!
鴨川セッション会場


【本日会場】4/2
今出川通、加茂大橋西詰の南側です!
野外会場Cで開催します!







18きっぷ旅のススメ 「京都⇔名古屋は関西本線で♪」


ようやく暖かくなってきて、春の18キップシーズンまっさかり!

関東対関西の移動をする方は多いと思いますが、どうしても単調な東海道本線の旅になってしまうと思います。
しかし、途中違う区間を通ると面白さが出てきます。

今日はそんな中でも特におすすめな京都→名古屋の関西本線経由のトピックについて紹介します。
※写真は筆者撮影。

【京都→草津線】

京都からは新快速で草津まで。
朝と夕方は京都駅から草津線直通列車があり、少しおトクな気分に!?

草津線は国鉄型の113系が現役稼働する残り少ない場所。
その多くは湘南色から塗装変更され、この地区では緑色になっています。
更新されて転換クロス座席のものが多くなる中、ボックスのある車両が来ればラッキー! 昭和の鉄旅にようこそ♪

沿線の甲賀は忍者の里。今年から、忍者のラッピング列車「SHINOBI-TRAIN」が走ってます。
見かけたら、自撮り写真をSNSにアップして下さい(笑)!

手原を過ぎると、近江の農家が車窓に。
草津線は、車両左側に陣取ると眺めがいい気がします。
この時期は梅が満開を迎えていると思います。
冬は枯れた田園景色がoblivionとマッチしすぎてました。

貴生川からは、近江鉄道と信楽高原鉄道が分岐。3線分岐駅の割にかなりの閑散ぷりです。
関東で言うと拝島駅を1/5くらいにスケールダウンした感じでしょうか(笑)

【関西本線 非電化区間】

IMG_0599.jpg

かつては名古屋と大阪を結ぶメインルートでしたが、近鉄との戦いに敗れ、今ではローカル線です。
柘植駅1番線加茂方には、1890年に建てられたレンガ小屋が約130年の時を経て未だに使われています。
1番線のホームも明治の開通時のものが嵩上げされて使われています。個人的にミルフィーユホームと呼んでいます(笑)

IMG_0590.jpg

時間があれば、一旦駅の外にも出てみましょう。新しくなっている駅名板以外は、昭和30年代の光景がそこに。
郵便ポストも、円柱形に見えてきます。


IMG_0608.jpg

柘植から非電化区間。関西でも珍しくなったディーゼルカーが来ます。
キハ120型は、2両目以外はボックス席がありません。
ロングシートに座るくらいなら、運転手横に陣取るのがオススメ!
亀山までの約30分がこのルートのハイライトです。


IMG_0605.jpg

柘植〜加太で加太峠を下ります。
かつてSL時代は、急勾配のため、後ろにもう1両SLを繋いで峠越えをしていました。
途中に行き違いのために信号場があります。

加太、関と2両のディーゼルカーには似合わない大きな駅です。
かつては勾配用の機関車が待機し、急行や貨物列車が行き交った証とも言えます。

左手に地元で有名な亀八食堂が見えたら、ディーゼルカーの旅も間もなく終了です。


【関西本線 電化区間】

IMG_0610.jpg

亀山も、東京行きのブルトレが通った非常に大きな駅。
名古屋行きとの接続があまり良くないので、ホームのベンチで汽車旅に思いを馳せて待ちましょう。
3番線の名古屋方ベンチに座れば楽器練習し放題です(笑)

名古屋行きは概ね1番線から発車。
ここから先は右の方が景色いいのですが、午前中晴れている時はまぶしいので左側に座った方がいいかもしれません。
可能であれば先頭車両の前の方に座りましょう。

南四日市で右からやってくる伊勢鉄道と合流します。
四日市周辺は貨物線が多く、貨物列車を撮影するマニアの姿も多く見られます。

桑名を過ぎると揖斐川・木曽川を越える大きな鉄橋を渡ります。
列車もけっこうスピードを出すので、前の方から見る疾走感がたまりません。
近鉄特急との競走シーンも見られるかも!?

木曽川を渡ってからも、いくつもの川を渡ります。
最後に庄内川を渡ると、名古屋の中心部へ。
左右にJRや近鉄の車庫が見えてきたら名古屋は間もなく。



関西本線&草津線の旅はいかがでしたか?
どなた様もお忘れ物の無きようお降り下さい!